薬剤師パートから正社員の薬剤師として転職する

  •    薬剤師パート → 薬剤師パートから正社員の薬剤師として転職する

  • 薬剤師の転職先には様々な選択肢が存在し、また「雇用形態」も様々です。 正社員として勤める薬剤師の他に、パートやアルバイトの薬剤師、また派遣の薬剤師も多く活躍しています。

    雇用形態の選択肢によって、仕事以外でそれぞれが抱える事情や都合を考慮した転職ができるので 転職理由によっては「どのような雇用形態で働きたいのか」を明確に絞る必要も出てくるでしょう。

    分かりやすい例でたとえれば、育児や介護などの家庭の事情を抱える薬剤師は働く事が出来る 時間に限りが生じているはずです。この場合、パートやアルバイトでの勤務を希望する事になるのです。

    とはいえ、「正社員」としての就職・転職を望む薬剤師が大多数を占めている事も事実です。 働く事が出来る時間他にに縛りが無く、且つ高収入・安定を望むのであれば 「正社員」として入社・入職する事が望ましいといえるでしょう。 就職・転職を目指す薬剤師にとって、「正社員」求人は魅力的に見えるはずです。

    とはいえ、「正社員」の求人であれば無条件に魅力的であるとは限りません。 ここで重要なのは、あなたがなぜ前職を退職しようと決意したのかを示す「転職理由」です。 転職理由には皆さん様々な理由をお持ちのはずです。

    もしも転職理由の中に「残業の多さ」や「ハード過ぎる勤務形態」が含まれているのであれば、 高収入が期待できる求人に的を絞る事は矛盾しているのかもしれません。

    なぜなら、高収入には何らかの理由があるはずで、その理由に「残業の多さ」や「ハードな勤務形態」が含まれているケースが多いからです。もしも転職に成功したとしても、その後また同じような悩みを抱える事になってしまうかもしれません。

    たしかにアルバイトや派遣と比較して「正社員求人」は、「安定」や「収入」などが優遇される魅力的な求人が多いかもしれません。しかし、目先のメリットばかりに注目していては自身にマッチした求人を見つけ出す事ができなくなってしまうのです。

    「転職理由」から導きだされた「希望条件」を念頭において候補を探すよう心がける必要があるでしょう。

    薬剤師の転職「転職しない」という選択肢

    薬剤師の転職活動では、第一段階として重要な「転職理由」が欠かせません。 「収入への不満」「人間関係」など、マイナスに取られやすい「転職理由」を ポジティブな言い回しに変換しておく事で、その後の面接対策や書類作成、 または「転職活動」自体を有意義なものにする事が出来るのです。

    「転職理由」をポジティブな言い回しに変換する事は、転職後に再び転職を繰り返してしまうかどうかにも関わっています。「人間関係が悪い」などの理由から転職活動をはじめ、たとえ新しい職場でスタートを切る事ができたとしてもまもなくすれば似たような不満を抱いてしまい、再度転職を繰り返してしまうといった傾向が強いと言われています。

    不満を解決しようと転職をしたのに、これでは全く解決できていないという事になりますね。 これらの理由から、転職活動では「転職理由」を揺るぎないものにしておく事が非常に重要だといえます。

    しかし、どんなに頭をひねってもプラスに受け取れる言い回しが思いつかない方もいらっしゃるはずですね。現在勤める職場への愚痴だけで転職活動をはじめる事はオススメできません。 どうしても「転職理由」をプラスに変換できないようであれば、 「いっそ転職をしない」という選択肢がある事を思い出して下さい。

    転職活動は一概に良い事尽くめではありません。 収入アップやキャリアアップ・また自分の新しいライフスタイルとの出会いは一見魅力的に感じるでしょうが、転職を繰り返す事であなた自身の価値を大幅にダウンさせてしまう危険も孕んでいるのです。

    転職を意識するとき、職場への不満を感じているとき、どうしても感情的に考えてしまいがちではありますが、もう一度「本当に転職をする事が自分にベストなのか?」という点を冷静に見つめ直してみて下さい。現在の職場も、あなた自身がいつか望んで入社した職場なのです。 あなたが悩んでいる職場への不満は、本当に解決不可能な問題なのでしょうか?